多変動で不確実な時代、
イノベーションは企業経営に必須です
でも、どうやってイノベーションを生み出せばよいのでしょうか?

イノベーションに対してこんな疑問はありませんか?

イノベーションの定義
そもそもイノベーションって何?

イノベーションの創出方法
イノベーションをどうやって生み出すの?

社業への影響
イノベーションって社業発展の役に立つの?

トップの理解
社長が納得してくれるかな?

社員の理解
社員がイノベーションの重要性を理解してくれるか?

イノベーションの範囲
イノベーションはある一部の部門だけのことでは?

成功体験を知るイノベーションの伝道師が
イノベーションに関するこれらの疑問にお答えします

私自身が実践したからわかります。
イノベーションの起こし方だけでなく、企業文化に昇華し経営の柱にするための方策を伝授します。

詳しいご依頼の流れはこちらから

『ライスブック・コンサルティングファーム』が選ばれる理由

成功体験に基づいたより実践的なノウハウがあるからです。

icon3

わかりやすい定義と創出方法

全社員が理解でき、誰もがイノベーションを起こせる方法があります。

icon1

研修とコンサルティングの
ハイブリッドプログラム

実際に自ら創出したイノベーションを実践していただくためのコンサルティングまで行います。

icon14

企業文化に昇華するための
仕組みづくり

イノベーション創出のスキルアップのみならず、全社的な活動に発展させるためのお手伝いをします。

ライスブック・コンサルティングファーム代表 米本幸平のプロフィール

笑う代表の顔

イノベーションの伝道師 中小企業診断士
1963年兵庫県尼崎市生まれ、兵庫県芦屋市在住

1985年ネスレ日本(株)に入社以来、営業、マーケティング、人事・教育/研修業務に携わる。「全社員によるイノベーション創出」のために制定されたイノベーションアワードの事務局代表に任命され、社員教育・人財育成の一環としてイノベーションを企業文化にするべく活動を始める。イノベーションアワードの発展に寄与し5,000件(社員一人当たり平均2件)近くの応募数にまで拡大させ、企業文化に昇華させることに成功する。

2018年、55歳の時に中小企業診断士の資格を取り、ネスレを退職したのち、研修講師の経験を活かしながら研修とコンサルティングを結び付けた独自のイノベーション創出プログラムを開発し、イノベーションを欲する多くの企業支援のため日々邁進している。

詳しいプロフィールを見る

イノベーションの伝道師として私が伝えたいこと

イノベーションの絵を持つ人

イノベーションの現状

多変動で不確実な現代において、多くの企業でイノベーションが経営課題として挙げられていますが、どうやったらイノベーションを生み出せるのか、試行錯誤しているのが現状です。
イノベーション創出が課題だと総論ではわかっておりプロジェクトなどを立ち上げても、火はくすぶったままでいつのまにか立ち消えてしまう。何故でしょうか?

イノベーションとは何か

そもそもイノベーションとは何か?技術革新?新しいビジネスモデル?多くの企業では最初の定義のところでつまずき、あいまいにしたまま進めることにより中々成功に結びつかないのです。定義があいまいであれば、それをどうやって創出するのかという方法までたどり着きません。また、イノベーションの成功によって会社のあるべき姿、目指すべきゴールは何なのか。これらを明確にしなければ成功への道筋は見えません。

付箋が張られたホワイトボード
イスの上のThink outside the box

イノベーションの成功とは

重要なのは、イノベーションを企業内のある一部門の活動、また期間限定的な一過性のものとしないことです。そこで私は目指すべきゴールとして
「イノベーションを企業文化に昇華し、経営の柱にすること」
と設定しました。

全社員が一つのゴールを目指して動く。このような全社的活動にするためには、誰もがイノベーションを生み出せると思わせるシンプルな定義と創出方法が必要です。

イノベーションをシンプルに定義する

誰にとってもわかりやすくとっつきやすくするために、私はイノベーションをこう定義づけました。
「お客さんの無意識の問題を解決すること」
「顧客の問題解決」は元々マーケティングの考え方で、これを基に考えたものです。「無意識」をあまり難しく考える必要はありません。「あたりまえ」をほんの少し疑ってみることから始めましょう。

パソコンとペンとスマホ
イノベーションを議論する男女

イノベーションをシンプルに生み出す4ステップアプローチ

そしてその創出方法は、「イノベーション創出4ステップアプローチ」として以下のようにまとめました。
ステップ1:変革をもたらすドライバーを知る
ステップ2:お客さんは誰かを考える
ステップ3:お客さんの無意識の問題を考える
ステップ4:問題の解決策を考え実行する

言葉だけを見ると難しく感じるかもしれませんが、実は新入社員でもイノベーションを生み出せるとてもわかりやすい定義であり創出方法なんです。

イノベーションを経営の柱にするために

イノベーションのスキルを学んだだけでは企業文化に昇華し、経営の柱にすることは困難です。社員が考えたイノベーションを実行し多くの社員に成功体験を積ませることにより、個人の成果が会社の成果と結びつき社員のモチベーションがアップし、結果イノベーション経営が成立します。

そのためにはイノベーションを実現させる組織的な取り組みや仕組みが必要です。私がネスレ日本(株)で深く携わった「イノベーションアワード」はその好例です。

私は、研修とコンサルティングを組み合わせた「イノベーション創出プログラム 4×5」を通じて、イノベーション創出のスキルをお伝えすることのみならず、イノベーションを企業文化にするための仕組みづくりのお手伝いまでいたします。

イノベーションの格言

イノベーション関連事業サービスメニュー

7日間メール講座オンラインイノベーション経営セミナー(2時間)イノベーション創出プログラム(4時間 x 5回)
無料無料¥1,190,000
イノベーションの基礎が学べるメール講座を7回お届けしますイノベーションを経営の柱にするノウハウが学べます研修とコンサルティングを融合させた実践的なプログラムです
イノベーションとは何か、何故イノベーションが必要か、その定義と創出方法とは?等々イノベーションの基礎となるポイントをお伝えします。社員が考えたイノベーションを実現し企業文化に育てるために組織として取り組むべきことを考察します
*ビデオ会議システムZoomを使いオンラインで実施しますので、どこからでも参加いただけます
社内でイノベーションをリードする人財向けに、イノベーションの創出スキルを学び、それを使って実際にイノベーションプロジェクトを動かしていただくアクションラーニングなプログラムです。
イノベーションの定着化のために、プログラム期間中コンサルティングは何回でも追加料金なしで行います。
詳しいことはこちら詳しいことはこちら詳しいことはこちら
7日間メール講座無料イノベーションの基礎が学べるメール講座を7回お届けしますイノベーションとは何か、何故イノベーションが必要か、その定義と創出方法とは?等々イノベーションの基礎となるポイントをお伝えします。詳しいことはこちら
オンラインイノベーション経営セミナー(2時間)無料イノベーションを経営の柱にするノウハウが学べます社員が考えたイノベーションを実現し企業文化に育てるために組織として取り組むべきことを考察します
*ビデオ会議システムZoomを使いオンラインで実施しますので、どこからでも参加いただけます
詳しいことはこちら
イノベーション創出プログラム(4時間 x 5回)¥1,190,000研修とコンサルティングを融合させた実践的なプログラムです社内でイノベーションをリードする人財向けに、イノベーションの創出スキルを学び、それを使って実際にイノベーションプロジェクトを動かしていただくアクションラーニングなプログラムです。
イノベーションの定着化のために、プログラム期間中コンサルティングは何回でも追加料金なしで行います。
詳しいことはこちら

イノベーションを経営課題にお持ちの方、
何でもお気軽にご相談ください

前職ネスレ日本(株)で私自身が学んだことを基に、実践的な解決法をお伝えしています。
ご興味ありましたら、まずは上記の無料メール講座やオンラインセミナーにお申し込みください。

お問合せはお気軽にこちらからどうぞ

「イノベーション創出プログラム 4×5」実施までの流れ

  1. 「オンラインイノベーション経営セミナー」へのご参加
    月1~2回実施の「オンラインイノベーション経営セミナー」にご参加ください。セミナーにご参加いただく前にこちらの「7日間無料メール講座」をご購読いただければより理解が深まります。
    お急ぎの方は電話かお申込みフォームにてご連絡いただければと思います。
  2. 初回無料相談
    ご都合の良い日時をお決めいただき、面談させていただきます。ビデオ会議システム「Zoom」を使ったオンライン面談、もしくは御社にお伺いさせていただくか当方の事務所にご来所いただいても結構です。
    現状、ご不安な点やお悩みごと等をお聞かせください。
    無料でご相談に乗らせていただきます。
  3. 実施企画書と見積書のご提示
    無料相談後、必要であればこちらから実施企画書とお見積りを作成させていただきます。
    もちろん、必ず見積もりを提示することはございませんのでご安心ください。
    ご相談からここまでは、一切費用は発生しません。
  4. プログラム実施決定と契約書の締結
    プログラム実施案とお見積りの内容で問題ないようでしたら、ご契約を締結させていただきます。

ご依頼の流れはこちらから

よくある質問

Q:「イノベーション創出プログラム」の最大の特長は何ですか?
A:私の前職での経験を元に実際に成果を出す実践的なプログラムです。単なる研修ではなく実際に動いて成果を出していただきます。そして社内定着化のためのコンサルティングも含まれています。

Q:プログラムを実施したいのですが、社長をどうやって説得したらよいですか?
A:ご安心ください。必要に応じて、私の方から社長やその他意思決定者へ別途説明の機会を設けます。

Q:「イノベーション創出プログラム」はリアルでの集合研修となりますか?
集合研修を想定していますが、ご希望によりZoomを使ったオンラインでの実施またはリアルとZoomのハイブリッドでの実施も可能です。お気軽にご相談ください。

質問とお問合せはこちらから

各種サービス

各種サービス一覧
  1. 経営コンサルティング事業

    コンサルティングの標識

    中小企業診断士として経営課題を解決します

  2. 研修・セミナー講師事業

    人財の成長に欠かせないもの

    貴社のニーズに合ったオリジナルプログラムで実施します

  3. ビジネススキル動画教材販売事業

    パズルが組み合わさるパソコン画面とスマホ

    いつでも、どこでも動画教材でビジネススキルが手軽に学べます

「イノベーションアワード」が開けてくれたイノベーションのトビラ

私の前職ネスレ日本(株)で「イノベーションアワード」が始まったのは2011年。当時は一社員として遠い存在に感じていたイノベーションが、急に身近に感じられるようになったのは2013年に青天の霹靂で未経験の人事・教育/研修部門の責任者を拝命した時でした。

イノベーションアワード

「イノベーションアワード」は、正にイノベーションを企業文化にし経営の柱にするために創設された全社員参加の取り組みでした。応募用件としてアイデアだけでなくその実行も伴うことが求められます。社歴や役職に関係なく誰もが何件でも応募可能であり、最優秀賞の褒賞も賞金100万円とスイス研修旅行という破格のものでした。

私は教育/研修マネジャーとして「イノベーション創出しリーダーシップを持ってそれを実現する」人材を育成する使命と共に、イノベーションアワード事務局代表としてアワードを発展させ企業文化に昇華するために尽力して参りました。

創設初年度の応募数はわずか75件。全社員数に占める応募率は3~4%に過ぎませんでした。それから6年後の応募数は4,800件余り。社員一人当たり2件以上の応募を記録するまでに至ったのです。

 

イノベーション創出プログラム 4×5

私はネスレ日本(株)を退職した後、「イノベーション創出は日本社会全体の課題である」と認識し、前職での経験を他社様でも実践するために「イノベーション創出プログラム 4×5」を完成させました。このプログラムでは、イノベーション創出スキルを学ぶだけでなく個人で考えたイノベーションを1人、あるいはチームを組んで実行することによって、イノベーション経営のためのコア人財を短期間で育成します。また、プログラム実施期間中あるいは実施後に行われるコンサルティングによって仕組みとしての社内定着化を図ります。